それでいいのか!?最近増えてる子供の名前

それでいいのか!?最近増えてる子供の名前

親から子への一番最初のプレゼント

長い期間を乗り越え生まれる新たな命、あなたはどんな名前をつけますか。親から子へ渡す初めてのプレゼントが「名前」ですよね。一生懸命考え漢字や画数を調べ子供の未来を思い願い命名する、名前ってとても大切で素敵な宝物だと思っています。昔からある名前や誕生花を交えた名前、親から文字をもらった名前、そんな素敵な名前があるなか近年増えつつあるのが所謂「キラキラネーム」と言われる名前です。名前は漢字なのに読みがカタカナ読みであったり、難しい漢字を使いすぐには読めなかったりします。

果たして子供は嬉しいのか

実は私の名前も「キラキラネーム」の部類に入る名前です。小学校では先生が名前を間違えることも多々ありました。女の子なのに男の子と間違えられていたり、その逆もありました。今の小学校では名簿にふりがなをつけている学校もあり、そうでもしない限り読めない名前も多いのです。「キラキラネーム」と言われていますがきちんとした意味もあり、親の思いも込められている素敵な名前だと思います。ですが子供からしたらどうなのでしょうか。

自分の名前をどう思うのか

「キラキラネーム」の女の子が自分の名前を改名するために裁判をおこした、という話を耳にしたことがあります。他にも、名前のせいでいじめられた、就活で不利になった、馬鹿にされたなども聞きます。単に自分の負の部分を名前のせいにしているだけかもしれません。なので一概にキラキラネームが悪いとは言えません。ですが世間一般的にまだキラキラネームが受け入れられていないのも事実なのです。それを周知のうえ、子供の将来のことをきちんと考えて命名してあげてください。

姓名判断とは、人の姓名から性格や人生の運勢と称される事柄について解釈を与える占いの1つです。日本では、姓名で使用する文字の画数から鑑定します。鑑定に化学的根拠や合理的理由はありません。